勤怠管理クラウド型のメリット

必要な注意点について

必要な注意点について

必要な注意点について 会社では従業員の出退勤をきちんと把握しなければなりません。出勤してもいないのに業務を1日こなしたことになってしまっては真面目に働いていた人が損をしてしまいます。また、退勤しているにもかかわらず、会社で仕事をずっとしていたことになっては残業代を払う会社はたまったものでありません。こういうケースは逆の場合もありまして、従業員が残業して仕事を夜遅くまでやっていたのに会社側が残業代を支払わないこともあります。こちらはテレビ等で特に朝のニュース番組で多く取り上げられ、こういったことを行っている会社はメディアを通してこてんぱんにされます。
これらの問題を防止するためには、会社側と従業員とが機械的に出退勤の確認が可能な勤怠管理のシステムを導入するのが一番です。朝出勤したら、カードを通すことでシステムへ反映され、退勤時もシステムへカードを通して自動的に反映されれば、少なくても時間的な勤怠管理はきちんと両者ともできることになります。ただし、注意点として、間の時間に抜け出されてしまってはうまくありませんので別の対処が必要です。

勤怠管理システムを使うことで残業時間や欠勤の管理が行える

勤怠管理システムを使うことで残業時間や欠勤の管理が行える 給与の計算に欠かせない勤怠管理ですが、毎月タイムカードといったアナログで行う作業は、経理担当の負担になります。
特に残業代や休日出勤、欠勤の計算も入るとミスも発生しがちになります。
そういった場合に有効な方法として勤怠管理システムがあります。

タイムカードのようなアナログでは人為的ミスや不正が発生しやすくなりますが、こういった勤務時間の管理や労働賃金の計算を自動化することで手間と労力を省くことができます。
勤怠管理システムを導入すれば賃金を自動計算してくれますから今までエクセルや電卓で行っていた賃金の計算が自動化されミスをなくすことができます。
また紙で勤怠記録を残している場合、保管場所が必要になりますし、紙自体が劣化してよめなくなるリスクも生じます。勤怠管理システムであればクラウド上にデータを残すことで保管場所も必要ありませんし安全に保存しておくことが可能です。
そのほかにも、専任の担当者がいなくてもシステムを使うことで把握できますから緊急時の対応も可能となります。