勤怠管理クラウド型のメリット

労働時間を確認

労働時間を確認

労働時間を確認 勤怠管理は使用にとって非常に重要な仕事です。労働基準法には労働時間と休憩・休日に関する規定が置かれています。同法第32条第1項には使用者は休憩時間を除いて1週間につき40時間を超えて労働させてはならないとあります。また第2項には1週間の各日については休憩時間を除いて1日につき8時間を超える労働が禁止されます。同様に労働基準法第34条では休憩に関する規定があり、第35条には休日に関する規定があります。
法定労働時間を超える労働や休日労働、深夜労働などをさせた場合には割増賃金の支払いが必要です。時間外労働の場合には通常の賃金の2割5分以上の時間外手当を支払います。深夜労働の場合の深夜手当も2割5分以上です。休日労働をさせた場合には3割5分以上の休日手当を支払います。労働基準法の規定に違反すると罰則が定められています。使用者は勤怠管理をしっかりと行い、労働基準法の規定に違反しないように注意することが必要です。

休憩時間を確認

休憩時間を確認 勤怠管理では、出退勤を管理するだけではなく、休憩時間を確認することも出来るようになります。最近ならクラウドすることと、勤怠管理を個人が持つカードですることが出来るので、こうしたことも出来るようになるわけです。休憩時間は工場から出て昼食に行くなどすることもあるでしょうから、これがこのシステムではしっかりと管理することが出来るようになります。
この勤怠管理システムはカードを利用することで、カードをシステムにかざすだけで、後は自動的にデータが入力されるところがメリットです。人がいちいち記入したりする方法ではないので、早く出来ますし、後でデータを抽出したり、並べ替えたりして管理をするときにも簡単に出来るのが魅力です。
これからはこうした方法で勤怠管理をするところが増えてくることになると考えられます。そうすることで、従業員もしっかりと管理されているという自覚をもって働くことも出来るようになるので、効果がかなりあると考えられます。