勤怠管理クラウド型のメリット

勤怠管理をクラウド型でやってみよう!

面倒な勤怠管理をシステム化しよう

面倒な勤怠管理をシステム化しよう 会社や店舗などで必要になってくる管理として勤怠管理があります。これらは就業規則に基づいて管理を行うものなのですが、人数が増えてくるような場合など面倒な作業でもあります。
勤怠管理はカレンダーやシフトに基づいて就業規則通りに勤務できているか管理をするもので、勤務日数や時間数、休暇など確認できるようにしなければならないのです。
手作業では効率的に行うことができないため、システム化する事でより効率的に管理することができるようになります。
勤怠システムを導入することで毎日の勤務をすぐに確認することができるようになり、履歴なども必要に応じて確認することができるようになります。
システム化するメリットはタイムレコーダーとネットワークにて繋げることができればより正確に早く勤怠の情報も確認することが出来るようになります。
勤怠管理は残業時間や有給休暇の使用日数なども管理しなければなりませんが、システム化する事で可能となります。

勤怠管理体制が整っていない会社の危険性

勤怠管理体制が整っていない会社の危険性 タイムカードを導入する予算がない等の理由で勤怠管理体制が整っていない会社であっても、エクセルシート等を使って勤怠管理を行うことは可能です。
にもかかわらず、それらを放置した体制の会社は企業として好ましくありません。従業員の場合、入社して日が浅い場合は早期の退職を検討した方が無難です。
理由としては残業代を支払う意志がないことが挙げられます。いわゆる「ブラック企業」とよばれる会社に多く見られるもので、サービス残業等を多く強いるケースです。
一方、勤務条件の悪くない企業の中でも「生産効率を上げる必要がない」「新しい事をやりたくない」といった理由で、勤怠管理体制の改革に消極的なケースも存在します。
この場合、一旦業績が悪化すると生産効率の悪さが露呈し、結果として最悪の場合、倒産というリスクが存在します。
勤怠管理というものは、単に時間を管理するだけものではありません。会社が、その労働時間に見合った作業をおこなっていくための「指標作り」です。
単に残業時間を減らす。あるいは残業代を多く支払うだけのものではなく、定時までの作業効率を上げ、収益向上の手段として非常に有効な手段だといえるでしょう。