勤怠管理クラウド型のメリット

勤怠管理の意義とは

勤怠管理の意義とは

勤怠管理の意義とは 労働時間には、休憩時間を除いて8時間以上、1週間で40時間以上という労働時間が法律で定められています。そして企業ごとに所定労働時間があり、就業規則が定められています。また企業は就業規則にそって従業員を勤怠管理をしていかなければなりません。
勤怠管理の意義とは、一般的には従業員の出退勤時間、休憩時間、出欠状況、休暇取得状況などを正確に把握することで法令、会社就業規則の尊厳がきちんと守られているかどうかなどの管理を行うことです。またこの勤怠記録を基に給与、残業代の計算や有給休暇の取得日数の管理が行なわれています。をする際に重要になってくるものです。企業の要素の中でも重要な比率を占めています。勤怠管理をきちんと行うことで従業員に適切な賃金を払うことができ、未払いの残業代などをめぐるトラブル、メンタルヘルスの不調などの防止効果、早期発見を行うことが出来るので、従業員の健康維持をまもることもできます。勤怠管理は企業が永続的に活動していくためにも必要不可欠なものです。

勤怠管理が必要な理由

勤怠管理が必要な理由 勤怠管理は給料の計算に使用する、社員の健康管理を行う、訴訟のトラブルを回避するなどの目的で必要とされます。
企業によって給料の支給方法には違いがありますが、基本的には労働時間に応じて支払われるので、何日間出勤しており、残業時間がどの程度であるのか分からなければ正しい給料の計算ができません。
労働基準法では社員の健康を損なうことがないように目安となる残業時間の上限が定められており、勤怠管理で残業時間が分かるようになっていれば、ある社員の残業時間が多過ぎるときに業務の割り振りを変更するなどの対処ができるようになります。
近年は未払いの訴訟なども増えているため、この対策としても勤怠管理は重要です。給料の支給方法に関して労働基準法を正しく理解しておらず、残業代を支給しなければならないのに未払いを起こしていることがあります。この際に労働時間を記録していないために、労働者から過剰に請求されてもそれが妥当か判断できずに払い過ぎになることがあります。実際には労働の実態がなくても過去の判例を悪用して自分で記録を付けて請求してくるケースもあるため、自社で正確な記録を付けるようにしましょう。