勤怠管理クラウド型のメリット

不正打刻を防止する

不正打刻を防止する

不正打刻を防止する 勤怠管理は使用者の義務でもありますし、給与計算や労働者の労働時間の把握をする為にも重要です。
勤怠管理の方法は指定されていないので、手書きのタイムカードだけで管理する事も可能です。
しかし手書きなどのアナログの管理方法では打刻ミスによって正確な労働時間と出退勤時間を把握できない事もありますし、不正打刻が発生する原因にもなります。
ICカード付きの社員証や社員の指紋などを使ったシステムでは打刻ミスも起きませんし、不正に他人が打刻したり時間を故意に偽る事も防止できます。
手書きのアナログ式の物だと記載されている記録を一つずつ集計しないといけません。
集計する段階でミスが出る可能性もありますし、集計する業務の手間が増えます。
勤怠管理のシステムを導入してデジタル化する事によって集計も自動で行ってくれるので、ミスがありませんし手間もかかりません。
社内全体や部署全体など様々なカテゴリー分けをして集計する事もできて便利です。

不正を防止するにはデジタルを活用

不正を防止するにはデジタルを活用 勤怠管理の不正を防止する方法はデジタルでの管理をすることだといっても良いでしょう。
基本は人が勤怠管理の記入をするのではなく、デジタル信号によって自動的に記帳されるというのが良いでしょう。
こうなると不正はほとんど防止することが出来るようになります。
会社の出退勤はカードで玄関の入退室をすることが出来るようにすることで自動的に出来るようになります。
カードがない場合はいかなる人も入退室が出来ないようにして、忘れた人は警備の所に行って身分証明をして入室させてもらうという事をすればそれで事足りるようになる。
基本的に人が記帳をする勤怠管理では正確な事は出来ないわけですから、まずこれから改善していく必要があります。
自動的に記帳されるようになるとデータを扱う担当以外はもう改ざんなどは出来なくなるので、これでほとんどの人は何も悪いことが出来なくなるという事。
自分の出来ることでは無くなれば悪い事はしなくなります。